3年ぶりにはてなアルバイト時代の友だちに会った

 はてなでアルバイトをしていたときの友だちの灰色ハイジと3年ぶりくらいに会った。ハイジは社会人になっていま4年目で、私は3年目。3年ぶりに会うと、お互いいろんな仕事をしてきていて、雑談がすごーく楽しかった。ここじゃ書けないけど(笑)。
 ハイジと私は1986年生まれの同い年で(しかも生まれた日も同じっ!)、だいたい同じウェブサービスを通ってきている。パソ通にはちょっと幼すぎて手が届かなくて、初めてインターネットにハマったのが中学生になった頃。私は2ちゃんねるを見ていて、ハイジはお絵かき系のサービスで活動していた。大学に入った頃にはてなやmixiが話題になって(ハイジは中学のときにはてなを使っていたみたいだけど)、大学3年生くらいでニコニコ動画Twitterが流行った。あの頃、私たちが使っていたウェブサービスはちょうど自分たちよりも10歳年上のひとたちが作ったものだったんだなぁ。中学生の頃に決めたちょっと厨二病的な名前を今でも使っていて、「ハイジさん」とか「こまじょさん」とか本業の仕事でも呼ばれることがある。「はてなアルバイトの時代にIDで呼ばれるのに慣れてよかったよねーwww」なんて飲みながら話した。
 ハイジといっしょに「やりたいねっ!」と言い合ったのが、中学生や高校生の女の子たちへのインタビュー。「どんな風にネットを使って、クラスでサヴァイブしているの!?」というテーマで。
 大学生になりたての子たちに「学校で読モになるのが禁止されていて、代わりにクラスでは前略プロフィールで芸能人ごっこするのが流行っていました」とか聞くと、「あのサービスでそんな遊び方をしていたの!?」と驚いたりする。未知の世界すぎて。
 いま学生の子たちは、ネット上でどんなことをしているんだろう? 私たちが知らないサービスで、知らない遊び方で盛り上がっているんじゃないか、と気になって仕方ない。面白い内容になりそうなら、『ねとぽよ第2号』でやった「女の子ウェブ」特集アップデート版としてコンテンツにしたいなぁ、って考えている。